期間工の条件や雇用について

期間工はとにかくお金が貯まりやすいということで、人気のある職業の一つです。

学歴不問、職歴不問のところが多く、比較的容易に就職することが出来ます。


しかし交代制勤務や重労働が作業内容にある可能性もあり、若くないと続きにくいです。

特に職業病として指の腱鞘炎のバネ指や、腰痛、関節痛など体を壊す可能性もあります。


そのため50歳以上の場合は、期間工経験者でなければ採用しないという条件の求人もあります。



また会社によっては年齢に関係なく、期間工経験者のみの採用をするところもあります。

これは途中で仕事を辞めてしまうことを避けるためで、過去に期間工経験者なら自己都合で辞めてしまう可能性が低いからです。



期間工には契約期間があり、基本的には3年未満になっています。

これは法律によって一時的な労働力として雇用することが定められており、それ以上雇用する場合には正社員として雇用する必要があるためです。

働き始めると1年目より2年目、2年目より3年目のほうが給料が高くなるり、長く働き続けていきたいと思う人が多いです。

今すぐ使えるOKWave選びであなたの手助けをします。

しかし3年以上は不可能になため、一度契約を切って、再契約を結び配置換えなどを行うのが普通です。
働き始めて1年を超えると、正社員登用のチャンスが巡ってくるので、そのチャンスを活かすこともできます。

可能性はメーカーによってまちまちで可能性は低いかもしれませんが、長く続けていればそのことが評価され、正社員登用されるチャンスも徐々に上がってきます。