カプセルコーヒーがもっと楽しくなる
2018年2月9日

カフェインレスコーヒーとは

最近、カフェインレスコーヒーやデカフェなどの名前を聞くことが多くなりました。

その名の通り、カフェインが殆ど入っていないコーヒーのことですが、元々カフェインレスコーヒーを飲む対象であった妊婦さん以外の方にも多く飲まれています。カフェインは基本的には体に悪い物質ではありませんが、一日に何杯もコーヒーを飲む人であれば胃が荒れたりする場合もありますので、体に優しいカフェインレスコーヒーを好む方が増えました。

一つ注意しておきたいのは、デカフェとカフェインレス、ノンカフェインには多少の差があるということです。デカフェはカフェインを含んでいる飲み物からカフェインを取り除いて減らした飲料のことを指します。カフェインは0ではなく、ごく僅かですが含まれています。そしてカフェインレスは、元々カフェインが少し含まれている飲み物のことを指します。

ノンカフェインはカフェインが含まれていない飲み物のことを指します。カフェインを一切摂りたくないという場合は、ノンカフェインやカフェインフリーを選ぶと良いとされています。

ですが、カフェインレスコーヒーでもかなりの数値までカフェインの含有量が減らされていますので、妊婦さんでも定められた量以上を飲まなければ問題ないとされています。

コーヒーが大好きという方でも、カフェインを摂取し過ぎると頭痛が起こったりイライラが起こる場合もありますので、用途や時間に応じてうまく使っていきたいですね。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です